MENU

 エロ本の広告に掲載している出会い系サイトに登録してやりとりを始めることが出来た女性たち。
何人かの相手とメッセージ交換を楽しんでいました。
どの女性も同様に、性的な部分で不満を抱えていて、思いっきり解消したいという話をしてくるのです。
男としてこんな話をされたからには、気持ちよくしてあげないわけにはいきません。
こちらもとても楽しく相手とのやりとりを続けていく事が出来、期待は高まる一方でした。
かなり性的な不満を抱えているような女性たちでしたから、早めのアポイントは取れるだろうと思っていたのです。
ですが、会う約束をしようとすると先延ばしにされてしまいました。
心がまだ決まっていないという事もあるようでしたけれど、いくら何でもこれほどメール交換を続けているのに、一向に話が進展していきません。
さらに、こちらの質問に対しても答えないことも出てくるのです。
同じような内容のメールが送られてくることもありました。
この様な事を繰り返し、結局は1ケ月ほど経過してしまったのです。
即アポの期待があったのにもかかわらず、これほど長い間待たされるとは思いませんでした。
この話をキャンパスの友人にしてみたのですけれど、思わぬ答えが返ってきました。
「もしかしてエロ本とかの広告の出会い系サイトを使ってるんじゃねか?」
「ドンピシャ!!その通りだよ」
「ああ、それはお前騙されているね、相手は確実にサクラだよ。

会いたいって言うくせにアポ取れないんじゃね?」
「うんうん、それそれ」
「サクラに騙されて課金だけされている状態だが、さっさと辞めた方が身のためだよ」
「まじかよ」
「出会い系サイトって、ほとんどが悪質なサイトだから下手に利用すると騙されるだけだよ」
物凄いショックを受けてしまいました。
てっきりセックスがしたくてしかたがない女性だと思っていたのに、あれがサクラだったなんて。