MENU

 エロ本でたっぷりとオナニーをした後に見つけた出会い系サイトの広告、アダルトな本に載せる出会い系サイトなんだから、エッチが大好きな女性たちがたくさん集まってきていると判断したのは大正解だったかもしれません。
雑誌広告に掲載していた出会い系サイトに登録した途端に、女性の方からアプローチのメールが届いてきたのですからね。
しかもセックスがしたくてしょうがないと言うような内容を書いてくる何人かの女性とやりとりをすることに成功しました。
すでにセフレを手にした気分になって、気分良く相手とメールの交換を進めていったのです。
彼女とつき合っていた頃の様なトキメキを感じながら、セックスをしたいと懇願してくる相手とのやりとりを続けていきました。
メールだけなのにもかかわらず、気持ちがこんなに盛り上がるとは思いませんでした。
確かに異性とメールをするというのは、女友達にしても楽しいものがあるのですけれど、これがセックス前提となってくると楽しみな倍増するものですね。
妙に期待しちゃって、相手が美人だったら最高のセックスを楽しめるなって思ってしまいました。
女性側もとても積極的にセックスを望むような内容のメールを書いてくるし、やたらと気分をかき立てられていったんです。
ただメール交換をしているだけなのに、相手がどんな相手だか分らない状況なのにもかかわらず股間を硬くしながらやりとりを続けてしまいました。
なんたってセックスしたいっていうセフレ希望の女性なんだから、当然下ネタばっかり話すし、気持ちは盛り上がる一方だったのです。
相手もセックスしたいんだから早めに会って楽しもうっと持ちかけるのですけれど、気持ちが落ち着くまで少し待って欲しいと言ってくるのです。
この辺は女性心理だなって感じですよね。
やりたい気持ちはあるけれど怖い気持ちもあるんでしょう。
相手を安心させることが出来たら絶対やれると思ってやりとりを続けていったんです。